2017年6月27日火曜日

第7回『「種を蒔く」という事』


選手をやってると、成績の「伸びる時期」と「伸びない時期(伸びないだけならまだマシで成績の落ちる事も多々ある)」が交互にやってくる。

言い変えるならば「成長期」と「停滞期」だろうか。交互にやってくるこの2つの波、波にも大小あるが、自分の場合は大きな波だけでも34回はあった。


誰でもそうだが「停滞期」は辛い。長く続くと自信がなくなり自分の能力を疑い始める。自分の才能もここまでか、と諦めの気持ちがチラホラ、いやそんな事はない、まだ上にいけるハズ、と自分自身で葛藤する。

意識が自分に向いてる人はまだマシだ。人によっては、コーチャーのせいにしたりジャッジのせいにしたり、パートナーのせいにしたり、環境のせいにしたり、、etc、責任を他に転嫁し始める。

そうなるともう手がつけられない。


スポンサードリンク




この出口の見えない迷路を脱するには「停滞期」をどのように捉え、いかに自分のマインドをコントロールするか、これが大事。

今は花を咲かせる為の「種を蒔く時期」だと捉えて、今やるべき事をやる、そう考えモチベーションを切らさないようにしなくてはならない。

考えてみて欲しい。

花は種を蒔かなければ咲かないし、種を蒔いたからといって今日明日で咲く訳でもない。花が咲いた時の事を想像しながら芽を枯らさぬよう水と肥料を与え続ける。地味な作業だが花を咲かせるには結局はこの積み重ねが大切なのだ。

この後必ず良い波くると信じて今はその時の為に準備をする。

ベーシックを見直したり、振り付けをいじったり、コネクションを研究したり、はたまた、どういった踊りや踊り手が評価されているのか、この先自分はどういった踊りをしたいのか目指していくのか、客観的な目線で自分を見つめる絶好の機会なのだ。

そう考えられさえすれば出口は必ず見えてくる。そしてまたひとつ大きくなった自分と出会う事になる。

(第7回 ダンスのキセキ『「種を蒔く」という事』)

スポンサードリンク




2017年6月2日金曜日

第6回『ダンスは創造』


元宝塚の振付師Y先生が「間違っていることを間違いと知らずにやるのはだめだが、間違いと知っていてわざとやるのは良いんだよ。」とおっしゃったことがあった。もちろんこれはダンスの技術に関する話であり法律を破れと言う話ではない。

自分たちのサンバのリバースロールを見て、「1歩目の膝をより深く曲げ5歩目を上に伸び上がるようにして高低差のある踊り方にチャレンジして見なさい。」とアドバイスして頂いた時に「既存のリバースロールの技術とはちょっと違うかもしれないけど、、」と続けておっしゃった言葉だった。

結局その既存とは違うやり方のリバースロールは完成するには至らなかったのだが、その言葉がやけに心に響いて今だに残っている。つまり既存のものでない新しいものを創造するには、時にあえて違うやり方をやってみるという考え方も必要なのだという事をY先生は言ったのだ。

ダンスは創造だ


スポンサードリンク




そういえば、ワルツのホイスクというステップはミスから創造されたステップだ。リバースターンの3歩目で本来足をクローズするべき所、勢い余って後ろへ交差してしまったのだがこれが案外いいステップだ、となったのが始まりらしい。まさに怪我の功名で出来たステップだ。

昔、自分の学生の時からの師匠M先生が「ドニーバーンズが黒色を見て、これは白色だ、と言ったら、俺も白色だと信じる。」と言った事があったがやはりトップダンサーは考え方が違う。そう考えるとダンスの可能性は無限で楽しい。

ダンスは芸術、芸術は創造。新しいものを創造するには自分のカンを〝信じる力が大切なのだ。


(第6回  ダンスのキセキ)





スポンサードリンク





2017年1月10日火曜日

第5回『元日のレッスン』


年が明けて新年が始まった。


ダンサーは休日が少なく、特に連休は自分の場合、基本お盆と年末年始だけである。


その貴重な年末年始の連休の1月1日まさに元日に、コーチャーのレッスンを受けに行った事が選手時代にある。


そもそも元日にレッスンをしてくれるコーチャーも珍しくレッスンする方の先生も大変である。


自分も年始くらいはゆっくりしようと思っていたのだが「元日レッスンするから来なさい。」とO先生の方から声をかけてもらったので、一瞬迷ったがせっかくなので頑張ってレッスンに行く事にした。


前日の大晦日はお酒もほどほどにして、翌日新年のご挨拶の菓子折りを持って午前10時にレッスンに伺い、いつも通り熱いレッスンをして頂いた。


レッスンの帰り際は新年いち早く踊り始めを出来た充実感で、すがすがしい気分だった。


行ってよかったと思った。


元日のレッスンだから何か特別なレッスンをした訳ではない。


それを期待して読んで頂いた方には申し訳ないが、このいつもと変わらないレッスンを元日にした事が貴重な経験だったしこれが大事なのだ。


そもそもすぐ後にUK選手権を含めた渡英が控えていたから選手時代は毎年ゆっくり正月気分を味わえるような感じではなかった。


スポンサードリンク



自分の場合は、航空チケットが安くなる1月7日以降に日本を発ち、それから月末まで約3週間ロンドンでダンスのレッスンと練習をしUK選手権が終わって帰ってくるのが毎年のスケジュールだった。


そしてロンドンから帰ってきたら2月から日本で競技会が始まる。


2月から続く競技会で良い結果を出すか否かは、年末年始の練習、いや本当はもっと前の11月、12月をいかに充実した練習にするかにかかっている。


理由は、競技ダンスの世界では結果が出るのは早くても3ヵ月、普通は6ヵ月くらいかかるからだ。


テストならば一夜漬けが功を奏する事もあるだろうが、ダンスで一夜漬けはまずありえない。


むしろ一夜漬けなんてすると当日のパフォーマンスに悪い影響しかないだろう。


ダンスは、脳ミソで覚えた事を、考えずとも自然と身体が動くようになる所まで持っていかないといけない。


つまり、この脳ミソと身体の各パーツが神経で繋がるまでに早くても3ヵ月から半年かかるのだ。


有識化したものを無意識化するまでには時間がかかるのである。


2017年今年前期の成績は、2016年昨年の後期どんな練習をしたかで実はもう決まっている。2017年後期の成績は2017年前期の練習にかかっている。


そう思って選手の皆さんには毎日毎日の練習を大切に頑張って欲しい。

(第5回  ダンスのキセキ)


スポンサードリンク

2017年1月4日水曜日

第4回『プロ競輪選手の同級生H君の話』


同級生にプロ競輪選手のH君がいる。彼は毎年年末に行われるプロ競輪新人選手のビッグレース、ヤンググランプリに出場した事がある程の一流選手だ。


小学生の頃、家も比較的近かった事もあり鹿児島の田舎道を彼とよく自転車で走った。普通はブレーキをかけるような結構な下り坂をブレーキをかけるどころか逆にペダルを踏み込み、更に加速しながら、坂道を下って行くH君をやけに覚えている。H君がプロ競輪選手になったと聞いた時、天職だ、と思った。


そんなH君とつい先日、実に約20年振りに再会する事が出来た。突然H君から「今日会いに行ってもいいかな」と連絡が入り、その日の夜、神楽坂のダンススタジオを訪れてくれたのだ。


久しぶりに再会したH君は勝負の世界で生きているとは思えないくらい昔と変わらない穏やかな人柄だった。だがそこは一流アスリート、闘志は内に秘めるタイプなのだと思う。(自分も同じく内に秘めるタイプだからなんとなくわかる。)


その日富山で競輪のレースが終わってその足で自分に会う為東京へ来てくれたようで「前もって連絡してくれたらよかったのに。」とH君に言ったら、レースで万が一、落車などしてケガをして来れなくなったら悪いから、と思ってあえて前もって連絡しなかったそうだ。


体を張った厳しい世界で生きているんだな、と思うと同時に、H君の優しい心遣いを感じた。

スポンサードリンク





さて、スタジオでH君と久しぶりの再会の喜びを分かち合った後、その日はラッキーな事に夜レッスンが空いていたので場所を変えて夕食を食べながら沢山話をする事が出来た。


懐かしい昔話から、競輪の話やダンスの話、あいさつや礼儀の話まで色んな話をしたのだが、その中で非常に興味深い話があった。


H君曰く自転車のペダルを漕ぐ時、脚だけでペダルを漕ぐのではなく、肩甲骨を緩めて肩甲骨から脚部への連動でペダルを漕ぐそうだ。競輪用語では全力でペダルを漕ぐ事を”もがく”と言うらしい。なるほどそう言われるのも納得出来る。


ダンスでも肩甲骨はかなり重要だ。自分はルンバウォークの時、肩甲骨を自転車のペダルを逆漕ぎするイメージで動かす。生徒にもルンバウォークの肩甲骨の動きは自転車の逆漕ぎだよ、と以前からレッスンで教えて来た。だからH君の話を聞いた時、ルンバウォークと一緒だ、とすかさず思った。


やはり人間の身体能力をフルに発揮する為には同じ身体の使い方になるという事なのだろう。自転車とダンス、一見全く違う物のように思えるスポーツでも、身体の使い方の共通点を発見出来たのは嬉しかった。


自分は一足先に選手を引退して今は審査員をしてる。ジャンルは違うが現役で頑張っている同級生H君のさらなる活躍を心から願っている。


(第4回  ダンスのキセキ)

スポンサードリンク

2016年12月3日土曜日

第3回『キューバンロックス』


ルンバのステップにキューバンロックスというのがある。


自分の大好きなステップの中の一つだ。


自分が学生の時、当時のグレートチャンピオン、ドニーバーンズ&ゲイナーフェアウェザー組の踊るキューバンロックスがなんとも言えずカッコよかった。


キューバンロックスは非常にシンプルなステップだ。


というか実際に足を動かすようなステップはしない。


右足から左足、左足から右足への体重移動だけで音楽に乗って踊る。


ドニー&ゲイナー組が踊っていたキューバンロックスは、


ベーシックムーヴメントからの3歩目で

男性左へわずかに身体を開きながら左足後退、女性左へわずかに身体を開きながら右足前進、

そこからキューバンロックスが始まり、

カウント2.3で男性右足体重、4.1で左足体重、

次いでシンコペーシッドカウント2&3.4.1で

男性右足(2)左足(&)右足(3)左足(4)と踊る。(女性はその逆を踊る。)


ドニーバーンズのゆったりした体重移動と、ドニーバーンズの体重移動を受けてわずかに遅れて体重移動をするゲイナーが織りなす絶妙なハーモニーが素晴らしかった。



スポンサードリンク



踊り手からして見れば足数の少ない簡単なステップ程難しいものはない。


しかもキューバンロックスは体重移動だけで音楽を表現しなくてはならないからなおさらだ。


かつて自分は宝塚歌劇団の振付け師Y先生に社交ダンスのレッスンをつけてもらってた時期があった。


「簡単なステップ程難しい顔をして踊れ、そして難しいステップ程簡単な顔をして踊れ!」とおっしゃったY先生の言葉に深く感嘆したのを覚えている。


早いカウントで何歩も足を動かすような複雑なステップ程簡単で涼しげな表情で踊って、キューバンロックスのようなほぼ足型のないような簡単なステップ程難しい険しい表情で踊る。


顔の表情だけだとニセモノっぽくなってしまうかもしれないが、身体の中の動きに意識を集中して、足裏、内腿、腸腰筋、溝落ち、肩甲骨、鎖骨など身体の各パーツの変化を起こしながらゆっくり体重移動を行うと実際難しい険しい表情になる。


つまりY先生がおっしゃっりたかった事はこういう事なのだ。


ゆっくり体重移動と言えば、かつてのラテンチャンピオン、ブライアンワトソンに「5分間かけて右足から左足に体重移動しなさい」と言われた事がある。


ダンスでは、体重移動、ここにいっぱいヒントが詰まっている。

(第3回 ダンスのキセキ)

スポンサードリンク




2016年11月29日火曜日

第2回『社交ダンスと競技ダンス』


いつの頃からかは忘れたが、自分の中で「社交ダンス」と「競技ダンス」を分けて考えるようになった。


自分が思う「社交ダンス」はまさに「社交」を目的としたダンスだ。


適度にホールドを張り、時には世間話でもしながら大きく踊らず音楽に乗って楽しく踊る。


ダンスパーティーでのダンスタイムや欧米人がよくやるホームパーティーでのダンスがそれ。


ちょっと種類は違うがチークダンスなんかもその部類に入るだろう。


対して「競技ダンス」とはまさに「競技」の為のダンス。


可能な限り目一杯ホールドを張り、形を崩さないようにして大きく踊る。


競技会はもちろんデモンストレーションなどもこれに含まれる。他人に見てもらうのが目的のダンスだ。


この「社交ダンス」と「競技ダンス」、やってる事は一緒でも内容は全く違う。


理由は目的が違うからだ。


日本のダンス界は(というか英国のダンス協会は)「競技ダンス」を柱として社交ダンスの普及をしてきた歴史がある。


特に日本では社交ダンスはつい最近まで風営法の下に置かれていたから「競技会」というスポーツ性を全面に押し出す事で風営法から社交ダンスを除外する意図があった。


だから現在日本で広く踊られているのはどちらかと言えば「競技ダンス」式の踊り方だ。


ホールドは常に床と平行に目一杯張り、ダンスタイムの混雑したフロアであっても大きく踊る。


ホールドは肩より下に落としてはいけないと思っている。


ナンセンスだ。


TPOという言葉がある。


近くのスーパーへ行く時に着る服、ちょっと高級なレストランへ行く時に着る服、冠婚葬祭の時に着る服、TPOに合わせて着る服は違う。


社交ダンスにもTPOがあると自分は思う。


本来「社交」の時に踊るダンスと「競技」の時に踊るダンスは違わなければならないのだ。


たまに混雑したフロアで、ホールドを小さくたたんで胸の前に持って行き、小さくステップしながら音楽を奏でるかのようにリズムに乗って踊ってる先生を見ると社交ダンスへの知性を感じると同時にホッとする。


スポンサードリンク



毎年5月に開催される社交ダンスの世界大会ブラックプールフェスティバルで競技会のラウンドとラウンドの合間にゼネラルダンスタイムというのがある。


競技会の集計をしている間にフロアを解放するダンスタイムなのだが、そこで踊る欧米人のホールドは実にナチュラルだ。


不思議と皆無理のない、程良いホールドで踊る。


ハグなどスキンシップに小さな頃から慣れ親しんでいる欧米人にして見れば心地よいホールドで踊るのは当たり前なのかもしれない。


だが「競技ダンス」式の踊り方が浸透している日本の中にあっては、ホールドを小さくたたんで踊ってると「○○先生は手を抜いてる。」とか「一生懸命踊ってくれなかった。」なんて言われる時があるから大変だ。


だから自分はホールドを落としては踊らない。


そうでなくても、もともと日本人はマジメでなんでもきちんと手を抜かない性格の民族だから、ホールドを落として踊るのは性分に合わないのかもしれない。


そう考えると日本式のダンスも悪い感じはしない。


欧米人の様なホールドをしろとは思わない。


このコラムを読んで頂いたダンス愛好家の皆さまが、混雑したフロアで踊る時、パートナーや周りの人たちに不快にならないようなホールドを少しでも意識してもらえたら嬉しい限りである。


(第2回 ダンス雑学コラム ダンスのキセキ)
スポンサードリンク

2016年11月28日月曜日

第1回『ナチュラルターンと「始め」の一歩』


「ダンスを『始め』たきっかけは?」と人に聞かれて、その答えは人それぞれだと思う。


自分の場合は大学の新歓で同期の知り合いにダンス部の先輩がいたので同期と一緒にダンス部に連れていかれ、ジルバの講習会なる場でダンス部の先輩に無理矢理手を引かれてステップを踏んだのがきっかけ。


恥ずかしさからほぼ引き気味で参加してたので、まさかその時はダンス部に入ろうなんて思ってもなかったのだが、講習会の後みんなで御飯を食べに行き、先輩に御馳走してもらい、先輩がとっても優しくしてくれたのでダンスになついてしまった。


ダンス部に入部したものの相変わらず女性と踊るのは恥ずかしくいつ辞めようか迷い考えていたのだが、半年もすると自分から進んでステップを練習するようになり、更にそれから1年後には「大学卒業したらプロになろう。」と決心するのだからダンスの魅力は凄い。


こんな具合に自分に限らずダンスを「始め」たきっかけは人それぞれだろうが要はダンスを「始め」たきっかけなんて何でもいいのだ。


社交ダンスのステップを覚えて踏んでる内に、ステップの先にある社交ダンスの奥の深さに気づいた時からもうそこは「社交ダンスの世界へようこそ!」なのだ。


その時からが本当の意味で長い長い社交ダンスと奮闘する自分の「始まり」なのかもしれない。


スポンサードリンク



さて、ワルツをナチュラルターンから踊る時、皆さんの踊り「始め」の第1歩は右足からですか?左足からですか?


ほとんどのカップルはカウント3で男性左足前進、女性右足後退で踊り「始め」ると思います。


教科書でナチュラルターンの1歩目はカウント1で右足前進ですから、つまりこのカウント3から「始める」男性左足前進の1歩は予備歩ということになります。


おそらくナチュラルターンを予備歩から踊るのはパートナーとタイミングを合わせ易く、1歩増やす事でナチュラルターンでより大きなスイングをし易くする為に行なわれるようになったのだと思われます。


しかしこれがドイツでは予備歩無しのカウント1で男性右足前進から踊る事の方が普通なのだそうです。


更に調べて見ると日本でも戦後は男性右足前進から踊っていたとか。


国によっても、時代によっても踊り「始め」の第1歩は違うんですね。


どうやらワルツを踊る時、カウント3で男性左足前進から女性右足後退から、と固定観念を持たない方が良さそうであります。


(第1回 ダンス雑学コラム ダンスのキセキ)

スポンサードリンク